太陽がまぶしかったから

C'etait a cause du soleil.

在日ファンク初のメジャーアルバム『笑うな』をタワーレコード渋谷でのインストアライブのために購入してCD屋のワクワク感を思い出した

在日ファンクがメジャーデビュー

 在日ファンクが、ついにメジャーデビューして『笑うな[初回盤 CD+DVD]』を発売した。ファンとは言うものの、レンタルをするかiTunes Storeで買っていたのだけど、タワーレコード渋谷でインスアライブをするとのことで、ライブ見当てで購入。CDを買うのなんて何年ぶりだろう。

2014/09/13(土) タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」 14:00~
【内容】LIVE
【参加方法】
(1)ご予約者優先でタワーレコード渋谷店・新宿店にて、9月3日(水)発売(9月2日(火)入荷商品)『笑うな』(初回盤:COZP-964~5、通常盤:COCP-38724、アナログ盤:COJA-9280のいずれか)をご購入いただいたお客様に、先着で整理番号付イベント参加券を配布いたします。

日本コロムビア | 在日ファンク日本コロムビア | 在日ファンク

 そもそも、ライブチケット付きのCDなんてすぐに売り切れると思っていたのだけど、まだ余っているとフォロワーさんに教えてもらって渋谷に急行。18時半地店でも、まだ結構余っていて、逆にちょっと心配になる。もしかしたら明日も手に入るかもしれない。配られる整理番号はランダムだったのだけど、1桁代を引き当てたので最前列から見られそう。嬉しい。

断固すいません

断固すいません

  • 在日ファンク
  • Rock
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ライブを買っているのか音楽を買っているのか

 『「音楽は特典に勝てない」と鬼龍院さん ゴールデンボンバー“特典なし”CD、初週売り上げ前作の3分の1以下 それでも「うれしい」 - ITmedia ニュース』も話題になったのだけど、どれだけ音楽的に好きであっても物理的なCDを買いたいとまで思う事は少ない。それは正直な事を言えば在日ファンクも同じである。それでも、これからCDを買いに行くアーティストの音楽を聴いてテンションをアゲながらタワレコへの道を早歩きしたり、はやる気持ちを抑えながら電車に乗ってるというのは、久しく味わえなかった心地良い感覚である。

 今やほしいと思えば、その場でiPhoneから購入して聴くことができるし、Youtubeなんかで勝手に分かった気になることもできる。だけど、音楽ってこうやって手に入れるまでの過程を含めた心的複合が形作られてこそ、味わい深いものになるのだとも思う。それはライブとも音楽とも、また違った外側の体験である。

笑うな

 家に帰って聴いた『笑うな[初回盤 CD+DVD]』は、イントロからして、いつも在日ファンクで安心した。どちらかといえばファーストアルバムに回帰して全体的にミディアムテンポになっているように感じる。歌詞についてはギリギリというか「産むマシーン」は色々アカン。

  1. 大イントロ
  2. 根にもってます
  3. ちっちゃい
  4. 不甲斐ない
  5. パラシュート
  6. 恥ずかしい
  7. 断固すいません
  8. 産むマシーン
  9. 笑うな
  10. 百年

 『連絡』の遊びすぎ感や『爆弾こわい』の疾走感を期待するとちょっと肩透かしかもしれないけど、これはこれで耳に馴染む。トランペットやトロンボーンの音作りがやっぱり良い。そんなわけで、在日ファンク初のメジャーアルバム『笑うな』を購入して、ワクワク感を思い出したのであった。  

笑うな[初回盤 CD+DVD]

笑うな[初回盤 CD+DVD]

ライブに行ってきたよ